商品化作品一覧

商品化作品一覧
過去の入賞作品で実際に商品化されたものの一覧です。受賞から数年後、あるいは入賞以外の作品が商品化されたケースもあるほか、近年はファイナリストと県内企業のマッチングにより、応募作品以外のプロジェクトから商品化される場合もあります。

2003 年度 

商品化奨励賞

 TUBE DOOR STOPPER

デザイナー 渋谷哲男

暮らしの中にユーモアを演出する、チューブの形をしたドアストッパー。カラーバリエーションも豊富で、室内の雰囲気に合わせて使える。

2003 年度 

入選

 AQUARIUM #003

デザイナー 澄川伸一

金属彫刻を思わせるアルミ製の靴べら。機能性と使いやすさに加えて、オブジェとして玄関に置くことができるようにデザインされている。

2003 年度 

ワークショップ

 「ぴー」・「ぽー」

デザイナー 田中行

手の不自由な人でも使える調味料入れ。持ち手の部分と本体の間にてを差し込むことで、力を入れずに持て、本体を傾けることが出来ます。


2003 年度 

ワークショップ

 colore(コローレ)

デザイナー 下尾和彦

底の間に薄く色を加えたことで、見る角度によって表情が様々に変化するグラス。

2002 年度 

入選

 GUMHOOK

デザイナー 大友学

シンプルな室内空間に合うフック。Tシャツや帽子掛けとして利用できる。シリコンゴムで作られているので、ぶつかっても痛くないのが特徴。全8色。

2001 年度 

ワークショップ

 De-Light

デザイナー 塚本カナエ

「重力」をイメージしたフォルム。ガラスとアルミニウムという異素材を組み合わせることによって、互いの存在感を引き立たせるようなデザインが特徴。


2001 年度 

入選

 棚ピン

デザイナー 梶本博司

石膏ボードのような軟質壁にピンを刺して、CDや写真、メモなど小物専用の棚が出来る。サイズは大・小の2種類。

2000 年度 

とやまデザイン賞

 splash

デザイナー 浅野泰弘

シリコンゴム素材のコンパクトな傘スタンド。スペースを取らずに、12本の傘を立てることができる。カラーは5色で、玄関の雰囲気に合わせて選べる。

1999 年度 

とやまデザイン賞

 コンセントカバー

デザイナー 山中祐一郎

既設のコンセントに差し込んで使うコンセントカバー。住空間にすんなりと溶け込む高いデザイン性が魅力。


1999 年度 

入選

 灰皿

デザイナー 今田佳司

「肺」「妊婦」をモチーフにした灰皿。「タバコは良くないけれど吸いたい」というパラドックスを表現している。

1995 年度 

デザイン優秀賞

 pecon !

デザイナー 澄川伸一

手にフィットする、シリコンゴム製のサプリメントケース。カバーを押すと取りだし部分が反転し、フタがトレーになるユニークなデザイン。

1995 年度 

デザイン大賞

 テープカッター

デザイナー 管野傑

アルミの押出形材を思わせるシンプルなテープカッター。